推定少女の現在の活動。リサとリノは何してる?「しょうちのすけ」「鍵が開かない」「失恋ソング」の誕生秘話は?

出典:[amazon]16 ~sixteen~

2000年代初頭から数年間活動した推定少女を色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • グループ名 推定少女
  • カテゴリー ユニット
  • 活動期間 2001年から2006年

現在の活動。リサとリノは何してる?「しょうちのすけ」「鍵が開かない」「失恋ソング」の誕生秘話は?

現在は活動休止状態となっており、正式に解散はアナウンスされていないと言う状態です。今後活動再開の可能性はかなり低いと思います。今後の動向を見ていくことにしましょう。ここからはメンバーは何をしているのかについて書いていきます。

Rino

一時芸能活動を休止しましたが、2012年から再びAldiousの2代目ボーカリストとして活動を開始、その後、体調を崩し現状はどのような活動をしているかは不明です。体調が回復すれば活動を始める可能性はあります。

めまいなどがあるとオフィシャルブログに書いていることから、完治する病気ではなく付き合っていくタイプの病気を抱えていると考えられ、また活動を再開すれば再発の可能性も否定出来ない状態だと思います。

焦らないことが大切と言えるでしょう。少し良くなったからと昔のように活動してしまうと前よりも酷くなる可能性はあります。

Lissa

解散後活動休止その後、結婚し子供が一人います。ママタレとしていつの日か出てくる可能性を秘めては居ますがそれはいつになる事かはわかりません。母親は1960年代に活躍したシェリー。現在は、芸能界を引退し関西の介護施設で働いているようです。

以上のことから考えても再結成などはとても無理な状況にあると思います。それぞれ現在抱えている物があり、置かれた状況の中で頑張っていると言う事だと言えます。今後、どのような形で表舞台に帰ってくるか楽しみではあります。

ここからは、推定少女の楽曲「しょうちのすけ」「鍵が開かない」「失恋ソング」について書いて行きます。「しょうちのすけ」は、作詞・秋元康、作曲、百石元のコンビで製作されたデビューシングルで、フジテレビで放送中のONE PIECEのエンディングテーマソングとして起用されました。

具体的なセールスデータ、チャートアクションはありませんが、ねとらぼが調査したONE PIECEのエンディング・オープニングテーマの人気ランキングで25位を記録していました。

楽曲自体はサーフロックとポップソングのアレンジに仕上がっています。無理な夢ほど叶えてみると気持ちが良い、と言うような歌で、ONE PIECEの内容に合わせて書いたのか?それとも曲が先にあったのかは不明です。

「鍵が開かない」作詞、野口圭、作曲、ハマモトヒロユキのコンビで製作されてデビューシングルとは打って変わってバラード物、劇場版『呪怨』のエンディングテーマソングとして起用されています。

歌詞の内容は、家に帰りたいのに鍵が開かないと歌っている少女の揺れる感じを鍵に準えて歌詞を書いた可能性があります。帰る場所を失ったという失望の歌と取ることも出来ます。

この曲のチャートアクション、セールスデータはありませんでした。こちらも映画に合わせて書いたか否かは解りませんでした。「失恋ソング」は6曲目のシングルで作詞、野口圭、作曲Funtaのコンビで製作されました。

フラれたことを歌い飛ばすよと言うようなロックテイストソングでした。こちらもチャートアクション、セールスデータなどはありません。結局グループの活動期間でシングル9枚アルバム2枚をリリースしました。

まとめ

やはり、人の人生は大きく変わっていってしまう物だとこの記事を書いてみて解りました。推定少女自体はグループ解散を宣言していないのですが、事実上の解散と捉えて良さそうです。

10代の女の子が歌っていると言うところに魅力を感じていたと思います。その時期が過ぎてそれぞれが新しい場所でそれぞれの日常を生きていることが今回の記事でわかりました。今後復活は厳しく既に二人揃ってステージに立つなどは夢のまた夢ということなのかもしれません。

👉[amazon]推定少女のCDはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)