LONG SHOT PARTYの現在の活動。メンバーは何してる?解散理由や「distance」「あの日タイムマシン」も誕生秘話は?

出典:[amazon]LONG SHOT PARTY

1990年代後半にデビューし、メンバーチェンジをしながらも2010年に解散したLONG SHOT PARTYを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • バンド名 LONG SHOT PARTY
  • 活動期間 1998年~2010年
  • カテゴリー ロックバンド

現在の活動。メンバーは何してる?解散理由や「distance」「あの日タイムマシン」も誕生秘話は?

現在は、解散しており再結成の動向も感じる事は出来ません。恐らく、今後も活動しないのでは無いかと思います。ここからはメンバーは何をしているのかについて書いていきます。

ボーカル sasaji

体調不良でバンドを辞めたため現在の音楽活動は不明です。今後個人でも音楽活動をしない可能性は高いと推察できます。

ベース SAITARO (本名 中村斎太郎 )

現在も音楽活動をしていると思われますが、具体的な活動は不明です。

ギター 秀一

現在の活動は不明です。

ドラム PxOxN

G-FREAK FACTORYにメンバーとして参加しており、音楽活動を継続しています。

トランペット ken iikawa

バンド Hey Smith!のメンバーとして活動しておりOfficialTwitterを運営しています。直近のコンサートツアーは以下の日程で予定されています。(URL: https://hey-smith.com/liveより引用)

Back To Basics TOUR

DATE 2022.02.10 (Thu)
TITLE ★Back To Basics TOUR
VENUE 水戸LIGHT HOUSE
TIME OPEN: 18:00 / START: 18:30

DATE 2022.02.11 (Fri)
TITLE ★Back To Basics TOUR
VENUE 熊谷HEAVEN’S ROCK VJ-1
TIME OPEN: 17:30 / START: 18:00

DATE 2022.02.13 (Sun)
TITLE ★Back To Basics TOUR
VENUE 高崎club FLEEZ
TIME OPEN: 17:00 / START: 18:00

DATE 2022.02.14 (Mon)
TITLE ★Back To Basics TOUR
VENUE 千葉LOOK
TIME OPEN: 18:00 / START: 18:30

今回のツアーの後も、主催ライブでは無いですが出演予定がきっちり入っています。今後の活動を楽しみにしていきましょう。

サックス kj

現在の音楽活動は不明です。

ここまではメンバーについて触れてきましたが、音楽業界から既に身を退いてしまった人もいるようです。しかしながら、元気に音楽業界で活動を継続している人もいるようですね。

ここからは解散理由について触れて行きます。大きく分けると2つあり一つ目はボーカルがバセドー病を患い悪化してしまったこと、メンバー間で音楽に対する考え方がズレてしまったこと

そのため解散を選ぶしかなかったようです。バンドは長く続けて行くことで軋轢が生まれることは必然と言えるため、現在オリジナルメンバーで活動を継続しているのは奇跡みたいな物で大抵はメンバーが脱退したり、加入していても当り前です。

バンドは人間同士がやる最たる物なので結成から解散まで同じ気持ちで行くのは難しいようですね。

ここからはLONG SHOT PARTYの楽曲「distance」「あの日タイムマシン」について書いて行きます。

「distance」メジャーデビューシングルで、アニメNARUTO疾風伝のオープニングテーマソングでした。オリコン最高位25位、登場回数8回でした。元々ソニーレコードの一部門から始まったデフスターレコーズに所属しておりアニメのタイアップを取ることが出来たと考えられます。

作詞はsasaji、作曲はバンド全体で行いました。歌詞の内容はアニメの主題歌と言うこともあり前向きな歌となっています。アニメが流行れば主題歌もイモずる式に売れていくと思うので相当気合いを入れた作品と言えます。

続いては「あの日タイムマシン」について書いて行きます。こちらはアニメ夏目友人帳の主題歌でこの曲もアニメの主題歌だったこともあり、前向きな歌になっています。テレビ東京で平日の深夜に放送されていたアニメでした。

しかし、現在は配信などでもみる事が出来ますので視聴者層は相当広そうです。今後も楽曲だけが一人歩きしていきそうな勢いがあります。今後楽曲はどうなって行くか興味があります。

まとめ

今回はLONG SHOT PARTYについて書いてきましたが、ボーカルの体調が良い状態であればバンドとして活動は継続出来ていた可能性はとても高いと言えます。しかしながらボーカルを変更するわけにも行かずそれと気持ちのズレが解散を招いたようです。

今後は復活の可能性は極めて低そうですが、体調が戻れば再び活動する可能性もかなり薄いですがありそうです。

👉〔amazon〕LONG SHOT PARTYのCDはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)