Fayrayの現在の活動。結婚してる?「tears」「好きだなんて言えない」「Baby if,」の誕生秘話は?

出典:[amazon]touch me,kiss me(CCCD)

2000年代に日本で活動したFayrayさんを掘り下げていきます。

プロフィール

  • アーティストネーム Fayray(本名 大橋 美奈子)
  • 生年月日  1976年4月18日
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー ボーカリスト

現在の活動。結婚してる?「tears」「好きだなんて言えない」「Baby if,」の誕生秘話は?

現在は拠点をニューヨークに移し、アーティストネームもFayrayでは無く本名の大橋美奈子から派生したミナ・オオハシとして活動しています。日本向けには作品をリリースしていないようです。

また、結婚もしており夫の名はラスティ・サントスと言い、アメリカでは有名でフリーのフォーク歌手兼プロデューサー・エンジニアとして知られています。1979年8月14日に生まれたアメリカ人です。

夫と、ユニットを組んでおりユニット名はThe Present(ザ・プレンゼント)、『FSG』と言う作品をリリースし精力的に活動していると言う話です。日本向けに活動を行っていませんし、こちらで事務所に所属しているわけでは無いのでプロモーションがされないのは確かです。

ここからはFayrayさんの楽曲「tears」「好きだなんて言えない」「Baby if,」について書いて行きます。「tears」は、7枚目のシングルで26万枚、ダウンタウンの浜田雅功主演のドラマ『Friends』の主題歌でした。

オリコントップテンに入ることは出来ませんでしたが、スマッシュヒットを記録することが出来ました。また、この曲がFayray最大のヒット曲となっています。続いては「好きだなんて言えない」は14枚目のシングルです。

2003年1月29日にエイベックスからリリースされ、同レーベルからリリースされる最後のシングルです。プロデューサーにKANONJIを迎えた意欲作でした。しかしながら主題歌となったドラマ『メッセージ〜言葉が裏切っていく〜』が視聴率低迷で話数短縮という措置も取られてしまいました。

「Baby if,」は、現在のエピックレコードジャパンからリリースされた9枚目のシングルで、プロデュースに松たか子の夫、佐橋佳幸さんを迎えた作品です。現時点でFayrayのシングルの売上げの中で3番目の売上を誇っています。

また、2021年12月にリリースされる中島美嘉さんのカバーアルバム「MESSAGE ~Piano & Voice~」に同曲が収録されています。作詞・作曲はFayrayさんでした。日本では現時点でシングル21枚、アルバム7枚、映像作品などをリリースし歌手活動は順調でした。

また、歌手としては小室哲哉の愛弟子、浅倉大介やビーイングのアーティストに編曲やプロデュースを頼むなど事務所の力に物を言わせて完璧な歌手活動をしてきたと言えますし吉本興業としては大当たりしたアーティストと言えます。

吉本興業はアイドルやアーティストを育てようと色々と立ち上げますが、やはりお笑い以外は専門外なので何となく上手く行きません。過去には大阪パフォーマンスドール、吉本坂46などがあります。

大阪パフォーマンスドール、吉本坂共に休止しています。成功例はNMB、JO1等がいますが、NMBは48ブームに乗って成功し現在KYORAKU吉本.ホールディングスがマネージメントをしておりJO1は韓国とのプロジェクトです。

単独で成功したのはつぼみ革命ぐらいで、やはりお笑い芸人を売り込む方が得意なようです。今後も新たなアイドルグループを作る可能性がありますが、やはり次もどこかの企業とコラボレーションする形で売り出してくる可能性があります。

まとめ

今は海外で活動していると言うので、日本に帰ってきてアーティスト活動をする可能性は低そうです。ニューヨークで拠点を作っておりあちらでも作品をリリースしているので今後日本でも聞くことが出来るかも知れません。

また海外で活動して行く事が上手く行けばアーティストとしてかなりの体力がつきそうな予感があります。音楽を発信するのも昔よりも簡単になりました。そのため海外の方が発信するシステムは日本よりも出来上がっている可能性があります。

なので今後の活動が楽しみです。

👉〔amazon〕FayrayのCDはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)